Online porn video at mobile phone


熟女 性 体験エロ ナース体験 談 おばさんエロ 下着 体験人妻 と エッチ 体験熟女 アナル 体験 談熟女 50 才人妻 と セフレ逆 ナン エッチ職場 体験談熟女の体験告白おばさんのせっくす不倫 体験 投稿投稿 エッチ 体験叔母 sex巨乳 処女オナニー 体験談セフレ 話じゅくじょ ふぇら不倫体験人妻不倫体験談女上司 レイプセフレ おばさん人妻 h 体験 談人妻 の 不倫 体験ひとづま たい けん だん熟女 奴隷熟女 エロ 話し大人 の オモチャ 使い方義母 エッチ叔母 エッチ嫁の母と熟女 sex 体験セフレ 体験談熟女 パンツ人妻 映画 館熟女sex熟女 性器母のオマンコおばちゃん エッチh おばさん義母セックス熟女 50 歳看護 師 熟女フェラ 熟女熟女 中だし熟女 実話手コキ おばさん熟女 セフレ 体験 談義母 の 乳首夜這い エッチ母親 と エッチエッチ 50 代熟女 おばさんエロ 熟女 体験 談名器 体験女 上司 エッチ人妻 セフレ人妻 オナニー 体験 談女性 の エッチ 体験 談熟女sex母のおまんこ近親相姦 義母セックス 告白人妻 と エッチ 体験熟女のセフレ熟女 投稿 告白熟女 スマホ看護 師 熟女えっち 体験談セフレ 職場母子相姦 体験談大人のおもちゃ 使い方巨乳 熟女 体験 談60 代 熟女 体験 談熟女 性大人 おもちゃ 使い方大人 の オモチャ 使い方熟女 職場不倫 体験 投稿義理の母とセックス熟 熟女義母 エッチ人妻 セフレ 体験人妻 と 体験 談体験 不倫

妻が二人目の入院中に義母と関係に その4

「お義母さん、
一緒に病院に行った日は、
ここがすごく濡れてるね」

「・・・嫌っ・・
そんなことないから、
そんな風に言わないで」


私には思っても見ない反応でした。
私が可笑しな事を言っていると
笑って言ってくると思っていたのに、
明らかに違う反応だったからです。

「靖子に嫉妬してるの?。
それともお義母さんと僕がセックスしてる
のが後ろめたいから余計に感じてるんだ。」

「どっちもよ、
娘にはいけないことしてるもの・・・。」

「でも会った後は感じるんだね」

「そんなことないわよ・・あぁ・」

「ほらどんどん濡れてくる・・
いけないことしている
自分に感じてるんだね」
もうそれ以上言わせないと
私の口に舌をねじ込んできました。
妻の病院に一緒に行った日は、
普段、孫と二人で行ったときよりも
背徳感を感じるのだろうか?
それとも私と妻が顔を合わ
すことへの嫉妬なのかもしれなかった。

「正治さんは、いけないことだって
思わないの?
靖子の母親の私と
こんなことになって・・・。
靖子が求めてきても
今まで見たいに抱いて
あげられるの?」

「悪いことだと思ってるよ僕だって。
ただ今はこうして
お義母さんを抱いていたいんだ」

「お互い寂しかったから
仕方ないわよね・・・
男と女なんですもの・・・
靖子が帰ってくるまでしか
続けられないもの」
義母にとって、
または女にとっては抱かれる理由が
必要なのかもしれないと思った。

「そうだね・・
靖子が帰ってくるまでしか
続けられないなら、
余計に楽しまなくてはならないね。
お義母さんが一生したくない
というくらいセックスしないと」

「またそんな都合のいい事言って・・・」
そう返事をした義母の顔には
笑顔が戻っていた。
私の上で大胆に腰を振りながら
次の日、病院に行くときに
義母に妻のスカートをはいてもらった。
妻も子どもを産んでから
余り履かなくなった
ストレッチの利いたスカートだった。
丈は膝より少し上で長さ的には
さほどミニではなかったが、
前に大胆なスリットが入っていた。
妻よりふくよかな義母が履くと、
ヒップの形もはっきりして
スリットも開き気味になり
とても官能的だった。
病室で義母の服装を見た妻は
「あっお母さん私の
スカートじゃないの・・・
よく見つけたわね高かったんだから
汚さないでよ」
そういっただけで
私たちのことに関しては
疑ってもいませんでした。
私も妻の顔を見ると
背徳感が刺激になっていました。
心のどこかで妻の気持ちを
推し量ってみる事もありましたが、
それにも増して義理の母親との
情事に心をとらわれて、
背徳感が興奮に変わってしまい、
妻の前でさえもそれを抑えるのに
苦労していました。
余り大きくない屋上へ
娘と出て行くと、
いつものように家族がそろった病室に
水を差さないようにしている義母が
ベンチに腰掛けて
お茶を飲んでいました。
周りには何人かの患者さんと
お見舞いの人らしき人がいました。
私が声をかけると
「せっかく家族そろったのに、
そばにいてあげなくちゃ」
とたしなめてきました。
狭い病室で他の患者さんもいることから、
余計に窮屈で静まり返った場所から
開放された娘は、
いたるところにヨチヨチと
駆けています。
それを目で追いながら、
私は義母の横に腰掛けました。

「お義母さん、
さっきから下着見えてますよ」
そういって手を義母の太股に置きました。
実際には足はしっかりと閉じており、
スリットがあっても
下着は見えてはいませんでした。
私は義母の膝を開いていこうとしました。
義母は周りを見ながら抵抗して
なかなか開けようとしません。
周りには顔見知りの患者さんは
いませんでした。
こちらを気にしている人もいません。

「お義母さんあっちに行きませんか?」
隅のほうのベンチを目で指して、
先に娘を連れて場所を変えました。
義母は後から、
ゆっくり回りを確認するように
こちらに向ってきました。
緊張した顔を見ると
今からすることがわかって
きているとわかりました。
私も緊張と興奮で
すでにズボンの前が膨らんで
しまっていました。
横に座ろうとした
義母のスカートを少したくし上げました。
もし知っている人にみられたら、
おかしいと思われるくらい
義母との距離を詰め、
スリットを広げました。
そこには、
私がネットで妻のために購入した
ショーツが見えました。
足の間に手を差し入れてさすると膝の力が
緩んで開いてきました。
首を伸ばして覗き込むと、
義母の割れ目が見えていました。
股のところが割れているショーツでした。
太股をさすり続けると、
待ち遠しいのか足が少しずつ開いてきます。
もう少しだけ開かせてから、
私は子どもの所に行きました。
少し離れて義母を見ると足は開いたままで、
とても不自然な格好でした。
周りにいる人が見てもはっきりは見えない
かもしれませんが、
木陰でもなく、
さえぎるものが何もありませんから、
股を開いた義母の格好は
不自然なものに見えると思いました。
しばらくそんな義母を視姦しました。
義母も見られていることに
まんざらでもなさそうで、
周りに目をやりながらも足は更に広げて、
股の割れたショーツから
義母の割れ目も開いて見えました。
私は義母の横に座りなおし、
股の間に手を這わせました。
義母は着ていた薄い上着を
自分の足の上に広げました。
それでも私が義母のあそこに
触れないので、
太股の間を動き回る私の手に
自分のあそこを押し付けてきました。
押し付けてくるその部分は、
濡れていて熱くなっていました。
周りに人がいる状況で、
義母の濡れた部分を触っているのは、
とても官能的でした。
まるで痴漢をしているような感じでした。
私の心境は、
義理の母とこんな事をしているのを
誰かに知られたい、
知って欲しいという感情になっていました。
顔見知りの患者さんや、
看護士さんに見つかったら、
普通の男女が同じ事をしているよりも
変に思われることでしょう。
ましてや二十歳以上歳の離れた女で、
それが義理とはいえ母親なのですから
なおさら面白おかしく
噂されるかもしれません。
それが妻の耳に入ることも
考えました。しかし、
そう考えても誰かに知られたい願望は
興奮を助長するものにしか
なりませんでした。
私は興奮状態の中で、
義母に立つように言いました。
何もわからず、
こちらを向いてたった義母を
私の前に立たせ、
先ほど脱いだ上着を義母の腰に巻きました。
スカートを上着の中でたくし上げ、
義母の濡れた部分に指を伸ばしました。
そこまですると、
義母にも私の意思が伝わり、
足を開いて指が入りやすくしてくれました。
子どもは、
そばに落ちていた石ころで遊んでいました。
ショーツの開いたところから、
義母の敏感なところを優しく刺激しました。
義母は、
前に座っている私の肩に両手を乗せ、
しっかりとつかんでいました。
私の指の動きにあわせて、
腰が微かに前後してきます。
顔を覗くと、
目を閉じ、
口を半開きにして陶酔しているようでした。
指を中に入れようとすると、
難なく二本の指を飲み込んでしまいました。
指の動きを止めると、
より深く飲み込もうと腰を落としてきまし
た。
私は、
意地悪するように指を引き抜き、
入り口付近をソフトに愛撫しました。
妻との行為の時にはしたこともなかった
ことですが、
焦らすことで義母の身体は、
よりいっそう刺激を欲して貪欲になってく
るのを知っていたからです。
今にもこの場所で、
義母の中に入れて果ててしまいたい衝動を、
じっとこらえていました。
義母の腰の動きも、
周りの事を忘れたかのように激しく動いて
いるようで、
絶頂が近いことがわかります。
誰かに知られたい欲求とは裏腹に、
私は周りが気になりだし、
指の動きを止めました。
義母の切ない顔が目に入りました。
私はその場所で、
義母のショーツを下ろし、
脱がせました。
義母は何かを期待していたかもしれません。
そのショーツを、
自分のズボンのポケットに入れて
「今はここまでです、
周りに気づかれそうですから・・・」
といって、
その場を離れました。
病室に戻った後も義母は下着を
着けていませんでした。
肉感的なお尻に先ほどまで映っていた
下着の形が今はありませんでした。
その格好で、娘と会話し、
孫をあやしていました。
それを知っているのは私だけです。
いや、
義母のお尻を注意深く見ていたものが
いたのなら、
気が付いたかもしれませんでした。
病室でも休むことなく働いている
義母の事を見ると、
お尻を揉みしだき、
犯したい衝動で、
私の一物も自然に固くなっていました。
義母が娘を連れ、
売店に行った隙に、
四人部屋のカーテンを閉めました。
斜め向かいのお年寄りだけで、
他は出払っていました。

あわせて読みたい


Online porn video at mobile phone


熟女 性 体験エロ ナース体験 談 おばさんエロ 下着 体験人妻 と エッチ 体験熟女 アナル 体験 談熟女 50 才人妻 と セフレ逆 ナン エッチ職場 体験談熟女の体験告白おばさんのせっくす不倫 体験 投稿投稿 エッチ 体験叔母 sex巨乳 処女オナニー 体験談セフレ 話じゅくじょ ふぇら不倫体験人妻不倫体験談女上司 レイプセフレ おばさん人妻 h 体験 談人妻 の 不倫 体験ひとづま たい けん だん熟女 奴隷熟女 エロ 話し大人 の オモチャ 使い方義母 エッチ叔母 エッチ嫁の母と熟女 sex 体験セフレ 体験談熟女 パンツ人妻 映画 館熟女sex熟女 性器母のオマンコおばちゃん エッチh おばさん義母セックス熟女 50 歳看護 師 熟女フェラ 熟女熟女 中だし熟女 実話手コキ おばさん熟女 セフレ 体験 談義母 の 乳首夜這い エッチ母親 と エッチエッチ 50 代熟女 おばさんエロ 熟女 体験 談名器 体験女 上司 エッチ人妻 セフレ人妻 オナニー 体験 談女性 の エッチ 体験 談熟女sex母のおまんこ近親相姦 義母セックス 告白人妻 と エッチ 体験熟女のセフレ熟女 投稿 告白熟女 スマホ看護 師 熟女えっち 体験談セフレ 職場母子相姦 体験談大人のおもちゃ 使い方巨乳 熟女 体験 談60 代 熟女 体験 談熟女 性大人 おもちゃ 使い方大人 の オモチャ 使い方熟女 職場不倫 体験 投稿義理の母とセックス熟 熟女義母 エッチ人妻 セフレ 体験人妻 と 体験 談体験 不倫